とある内科医の医学勉強帳

感染症医、総合内科医の忘備録

(論文)Aspiration Pneumonia 誤嚥性肺炎 (Review) N Engl J Med 2019; 380: 651-663

NEJMのReviewで誤嚥性肺炎が取りあげられました。 ありふれた疾患で、普段勉強をし直すことも少ない疾患なので、全文しっかり読み込みました。 印象的だったのは、起炎菌に関する知見の変化で、これまで誤嚥性肺炎といえば、「口腔内の常在菌、特に嫌気性菌…

PFAPA症候群~繰り返す発熱、咽頭扁桃炎~

症状 病因 検査 診断 治療 予後 参考文献 概要 PFAPA症候群:Periodic fever with aphthous stomatitis, pharyngitis, and adenitis syndrome 発熱、アフタ性口内炎、咽頭炎、頸部リンパ節炎を主徴とし、典型的には5歳までに発症する周期性発熱疾患の1つ 周…

MERS: clinically mild encephalitis/encephalopathy with a reversible splenial lesion  可逆性の脳梁膨大部病変を伴う軽症脳炎/脳症

感染症、電解質異常、血管炎などの膠原病の経過中に、意識障害を呈し、脳MRIで脳梁膨大部に限局した病変を認めることがあります。 その際は、「MERS: clinically mild encephalitis/encephalopathy with a reversible splenial lesion:可逆性の脳梁膨大部病…

恥骨結合炎と化膿性恥骨骨髄炎

内科学会雑誌の「今月の症例」で、化膿性恥骨骨髄炎がありました。 (ラグビー選手に発症した化膿性恥骨骨髄炎の1例 日内会誌 2018; 107: 2518-2523) そこから学んだことは、 「若年運動選手の発熱を伴った鼠径部痛、恥骨部痛は、化膿性恥骨骨髄炎を疑う!…

(論文)C.difficile感染症 (Review Article) Clostridium difficile Infection. N Engl J Med 2015; 372: 1539-48

Pathogenesis and Epidemiology Risk Factors Diagnosis Prevention Treatent of Acute Infection Treatment of Recurrent Infection Immunization ・米国では2011年の1年間で453000件のC.difficile感染症(CDI)が発生し、29000名が死亡。これらのうち1/4が市…

アシクロビル脳症

ポイント: 「帯状疱疹、ヘルペスウイルス感染症治療中に生じた意識障害、精神神経症状を見た場合は、ウイルス性脳炎とアシクロビル脳症の鑑別を!」 アシクロビル脳症とは? 抗へルペス薬のアシクロビルは中枢神経系への移行が良好であり、その脳脊髄液中濃…

髄膜炎を疑う身体所見(髄膜刺激徴候)

・項部硬直 ・Kernig徴候(ケルニッヒ) ・Brudzinski徴候(ブルジンスキー) 上記はいずれも、刺激状態にあるくも膜下腔を貫通している脊髄神経を伸展させる動きへの自然発生的な拒否反応である。髄膜炎の他、クモ膜下出血でもみられる。 項部硬直 項部硬直…

Lemierre症候群

目次 概要 機序 起炎菌 合併症 治療 予後 参考文献 重要点:「若年者、咽頭炎のエピソード、肺のseptic emboli」という場面では、Lemierre症候群を疑う! 概要 Lemierre症候群(Lemierre’s syndrome)とは、咽頭、扁桃など口腔内の感染症から頸静脈の化膿性…

G群溶連菌~特にStreptococcus dysgalactiae subsp. equsimilisについて

ヒトに感染を起こすG群溶連菌は以下の3種 ・Streptococcus dysgalactiae subsp. equsimilis ・Streptococcus anginosus group ・Streptococcus canis (C、G群とされた90%はS.dysgalactiae subsp. equsimilis、残りはS.anginosus group) Streptococcus dysg…

髄膜炎尿閉症候群(MRS:meningitis-retention syndrome)

無菌性髄膜炎に尿閉を合併する稀な病態 通常4~10日間程度で後遺症なく自然軽快するが、時に5~7週間ほど遷延することもある 原則特別な治療は必要ない 機序は、原因疾患による仙髄神経根障害、一過性の括約筋障害が疑われている 髄膜炎尿閉症候群の原因とし…